【令和2年7月豪雨緊急支援】2020年8月18日 川岳保育園 配食

令和2年7月豪雨のご支援でつながったご縁。
自らが被災したにもかかわらず、園児の事を優先に保育を続けている保育士さん、調理師さん20名。
お力になることは何か…と考え、お話を聞かせていただく中で、やれずにいるお仕事を整えるお時間の確保のために、私たちが配食をする事にしました。

力になりますよ!と賛同してくれた COCO-DINING☆mama(逢桜の里の連携団体)の
・たくとう地域食堂 代表の山川さん
・楡の木子ども地域食堂なごみ 代表の渡邉さん
・みんなの食堂 代表の齋藤さん
・ほがらか食堂 代表の末次さん
みんな逢桜の里のsakuraリボン中級認定者で食のスペシャリスト。
検便も提出して、栄養バランスも考え、リクエストのあった「野菜が多い和食」を配食しました。

後に、園児の保護者から「子どもが、ちらし寿司美味しかった〜と言って帰ってきました」とメッセージが届きました。
川岳保育園の皆さんに寄り添ったご支援ができ、良かったです。

  
  

関連記事

  1. キムチ作り

  2. のぼり完成

  3. 【令和2年7月豪雨緊急支援】おすそわけ

  4. たくさんの寄付をありがとうございました

  5. 【令和2年7月豪雨緊急支援】2020年7月21日 炊き出し

  6. 【令和2年7月豪雨緊急支援】2020年7月24日 炊き出し