【令和2年7月豪雨緊急支援】2020年7月24日 炊き出し

朝から大雨。
防災無線で、ボランティアセンター受け入れ中止、緊急避難情報が流れ、携帯からはエリアメールの音が鳴り響く中の調理でした。
被災者72名+役場職員の方20名
避難所の方の数が減っていることが、少しだけ復興を感じることでした。

逢桜の里の壁塗りワークショップ参加者、シングルペアレントさん、来訪者、カトレア保育園児、逢桜の里メンバーからの寄せ書きをお届けしました。

逢桜の里の熊本地震による秋津、若葉地域のご支援は熊本地震から5年目の今でも続けております。
相良村へも永く寄り添っていきたいと思っております。

※逢桜の里の「令和2年7月豪雨」災害支援はSDGs推進財団基金をいただき活動しています。
※フードバンク熊本様よりアルファ米のご寄付をいただきました。
※(株)五喜様、おやまのやおや様よりお野菜のご寄付をいただきました。

       

関連記事

  1. 【令和2年7月豪雨緊急支援】2020年7月21日 炊き出し

  2. たくさんの寄付をありがとうございました

  3. 若葉小学校防災訓練

  4. 2020年1月18日 mi-soボールづくり

  5. あさひばみんなの防災フェスタ2019

  6. 【令和2年7月豪雨緊急支援】物資をお届けしました